「やまがたアルカディア観光局presentsライク・ア・バードokitama」始まります!

お知らせ

自分らしい価値観に出会う映像の旅。
「やまがたアルカディア観光局presentsライク・ア・バードokitama」始まります!

やまがたアルカディア観光局では、アルカディア地域(白鷹町・飯豊町・長井市・南陽市・小国町)を、新しいライフスタイルを歩む4名の女性ゲストが訪問、ゲストがアルカディア地域の暮らしに触れ、「旅のその先の出会い」を短編映像にして届ける「やまがたアルカディア観光局presents ライク・ア・バードokitama」プロジェクトを開始いたします。

やまがたアルカディア観光局presets ライク・ア・バードokitama】について

"旅のその先へ。
イザベラ・バードのように、
軽やかな1羽の鳥のように"

19世紀末、明治初期の日本にひとりの英国人女性旅行作家が訪れました。彼女の名前はイザベラ・バード。海外旅行が一般的ではなく、女性の自由が今より遥かに制限された時代にもかかわらず、軽やかにしなやかに世界中を飛び回った女性でした。
その道中を記録した「日本奥地紀行」の中で「東洋のアルカディア(桃源郷)」と称賛された山形県・置賜地方を舞台に、「現代のイザベラ・バード」と呼びたくなるような、新しいライフスタイルをあゆむ女性たちが旅します。

第一弾 写真家・中川正子さんと訪れる、雪解けを待つ白鷹町

日本百名山に数えられる朝日山系を中心とした山々に囲まれ、山形県の無形文化財に指定されている深山和紙や白鷹紬といった伝統工芸が脈々と継承される白鷹町。
何気ない日常を独自の感性で切り取る写真家・中川正子さんが、生活の中に伝統が息づく白鷹町を訪れます。岡山県に拠点を移して、丁寧な暮らしを実践する中川さん。カメラのレンズを通じて、白鷹町の人・文化・自然と対話していきます。

白鷹町:白鷹山から

中川正子さん

第二弾 建築家・成瀬友梨さんと訪ねる、新緑が芽吹く飯豊町

飯豊町の白川ダム上流部に、雪解け水が流れ込んで水没林になる一帯があります。ダム湖が満水となる1カ月だけ現れる、新緑と桜の山々を背景に朝霧に包まれた水没林の風景はまさに絶景。
豊かな自然に囲まれた「日本の原風景」というイメージがぴったりな飯豊町を、「シェアする場をつくること」をコンセプトに場のデザインを行う建築家・成瀬友梨さんが訪れます。
今も自然と共生するこの町で、成瀬さんと一緒にシェアすることで生まれる価値について考えていきます。

飯豊町:白川湖の水没林

成瀬友梨さん

第三弾 グランドレベル・田中元子さんと訪ねる、暑さ忘れる長井市

竜神が住むと言い伝えが残る「三淵渓谷」がある長井市は、最上川舟運で栄えた商工業都市でもあり、その歴史ある景観は2018年に重要文化的景観に選ばれています。
そんな長井市を旅するのは、「喫茶ランドリー」の運営をはじめ「まちの一階」からまちづくりを考える株式会社グランドレベル代表の田中元子さん。「マイパブリック」といった田中さんならではの視点から長井市の魅力を紐解いていきます。

長井市:三淵渓谷

田中元子さん

第四弾 メディアアーティスト・市原えつこさんと訪ねる、紅葉舞う南陽市

東北の伊勢と呼ばれ、縁結びの神様として知られる「熊野大社」がある南陽市。市の南東部に位置する十分一山は10月から11月にかけて麓が雲海で覆われ、幻想的な景色が広がります。
日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解くメディアアーティストの市原えつこさんが、平安時代からの歴史と信仰が息づく南陽市を訪れます。

南陽市:十分一山から

市原えつこさん


(全編ナレーター)
『ソトコト』編集長・指出一正


これから1年間、四季の移ろいとともに、アルカディア地域を訪れ、旅の様子を収めた短編映像を弊社webサイトやSNSで随時公開していきます。連携して本事業を運営する「ソトコトオンライン」では、旅の行程を追ったレポート記事を掲載予定です。
第一弾となる写真家・中川正子さんと旅する白鷹町の動画は5月中旬頃に公開を予定しています。

ソトコトオンライン内特設ページ:
https://sotokoto-online.jp/4962/

【本プロジェクトに関わる問合せ先】

(一社)やまがたアルカディア観光局
担当:芳賀・齋藤
住所:山形県長井市東町2番50号
Mail: info★arcadia-kanko.jp
℡:0238-88-1831 Fax:0238-88-1812
※★を@に置き換えて、送信してください。